生体信号による意思伝達の研究

当社では、生体信号解析技術をベースとした要素技術の研究を行っています。
これらの技術をソフトウェアやモジュールのソリューションとしてお客様に ご提供することで、お客様の製品の付加価値をさらに高めることに貢献いたします。

生体信号とは、人が活動したり、思考したりする際に体内で発生する電気信号のことで、 体表面で観測することが可能です。

研究概要

運動失調症(ALS等)や高齢化に伴い、言語やジェスチャーによる会話が困難となった方々 の意思伝達を可能にし、QOL(Quality of Life)の向上に貢献すべく、脳波を用いた 意思伝達技術の研究開発に取り組んでいます。

意思伝達技術研究

国立大学の研究機関の成果である「光刺激を用いた意思判定手法」を応用、意思を 正確に判定し使いやすい意思伝達機器の具現化、製品化を進めてまいります。

2014年12月24日熊本大学と共同で「生体信号(脳波)を用いた次世代ヒューマンインターフェース技術の共同研究開始のお知らせ」を発表しました。

画像をクリックするとPDFファイルが開きます
【熊本日日新聞社提供】


画像をクリックするとPDFファイルが開きます
【日経新聞社提供】

ページのトップへ